7.0ppmの水素水

一番濃い水素水は7.0ppm!超過飽和状態で高濃度を維持!

 

一番濃い水素水を紹介します。アキュエラの水素水7.0ppmです。

 

商品名の通り、この水素水は、最も濃い水素水です。
その溶存水素濃度はなんと、7.0ppm!

 

超飽和状態の水素水になります。

 

写真を見て頂くと、ペットボトルが見えると思います。このペットボトルかなりの耐圧ペットボトルです。

 

実は、水素水は通常気圧では1.57ppmが限界飽和量です。ですので、7.0ppmの水素水を作るためには気圧を上げないといけません。そういう意味で、水素水7.0ppmについてくるペットボトルは耐圧になっています。

 

そして、超飽和の水素水ですが、自分で飲みたい時に作りますので、作り立てが飲めます。作り置きで水素が抜けてしまった!なんてことはありません。

 

外出時にでもできてしまう手軽さ。水素発生剤と耐圧ペットボトルを持っていれば、外でミネラルウォーターだけ手配出来ればOK。

 

いつでもどこでも高濃度の水素水が飲めますね。

 

アキュエラ水素水7.0ppm

 

関連ページ

セブンウォーターのレビュー
水素水の中でも効果がすこぶる高い高濃度の水素水。セブンウォーターはその高濃度の水素水の中でも世界最高濃度の水素水です。ペットボトルで簡単に水素水が作れ、コストもアルミパウチ型水素水よりもお値打ち。長く飲み続けるならセブンウォーターが一番です。
白濁した水素水
溶存水素濃度が1.0ppmあれば水素水としては合格です。1.0ppm以上の濃度は、いずれも同じ効果を示します。高濃度でもすべてが取り入れられるとは限りません。ガウラの水素水は溶存以外に注入水素が濃いんです。
ガウラミニのレビュー
ガウラミニは給水型の水素水サーバー。水道直結型の水素水生成器と異なり、置く場所を選ばないのがメリット。またガロン式ではないので、水道水がそのまま使えます。小型なのに溶存水素濃度も注入水素もあるダブル水素方式。濃い水素水を飲むならGAURAminiですね。
タンブラー「バンビ」
タンブラー型の水素水生成器のバンビ。名前も形もかわいいのに、中身は立派に高濃度の水素水を生成します。バンビが作りだす水素水濃度は1.4ppm。この濃度は水素水生成器の中でもかなり優秀。家族全員で飲める水素水タンブラーがバンビです。